バーチャルレストラン 飲食店の新流儀 » バーチャルレストランとは » バーチャルレストランとゴーストレストランの違い

バーチャルレストランとゴーストレストランの違い

公開日: |最終更新日時:

バーチャルレストランとゴーストレストランの違いを解説します。

バーチャルレストランとゴーストレストランの違い

バーチャルレストランとは、実店舗の営業とフードデリバリー専門店を同時に展開している飲食店の業態です。複数のレストラン展開により、複数の柱から売上を得られる特徴があります。一方でゴーストレストランは、実店舗を持たずにフードデリバリーだけに特化した飲食店の業態のことをいいます。

ゴーストレストランのメリット

飲食店で必要な開業費用や店舗の家賃、光熱費、人件費などの費用を削減できるため、低コストで開業ができます。また、店舗に設置する家具などの内装、看板などの外観、オシャレで統一されたカトラリーにコストをかける必要がありません。経費を削減できることで、店舗の維持がしやすくなります。

ゴーストレストランは、大雨や台風などの悪天候や感染症の流行でも大きな影響を受けにくい特徴があります。外出ができない状況では、店舗に足を運ばずに食事ができるため、通常よりも売上が伸びることが期待できます。

ゴーストレストランのデメリット

実店舗を持たないゴーストレストランは、デリバリープラットフォーム内でお客様が食事を購入することになります。料理は、写真の撮り方次第で魅力を伝えることができるでしょう。そのため店舗の内装や外観、その他の雰囲気はうまく伝えられず、集客が難しいというデメリットがあります。

また、来店することがないため、お客様が料理をどのような表情で食べているのか見えません。関わりを持つことができないということは、お客様の声をメニューの改善に活かすことや感謝を伝えることが難しくなります。

初期費用×月額費用が安い!
おすすめバーチャルレストラン2
PICKUP

バーチャルレストランのパートナー募集をしている企業19社のうち、公式サイトに初期費用と月額費用の記載がある2社をピックアップ。費用の安い順に紹介していきます。(2021年2月時点)

  • 流行りの唐揚げデリバリー
    株式会社Globrige
    株式会社Globrige
    参照元:からあげ専門店あげたて
    (https://www.globridge.co.jp/brand-list/東京からあげ専門店あげたて/)
    初期費用
    加盟金
                   
    5.5万円
    保証金
                   
    0
    研修費
    0

    ※実施中のキャンペーンはありません

    月額費用
    ロイヤリティ
                   
    0
    システム使用料
    20
    UberEats使用料
    35%

    公式HPで募集内容
    を詳しく見る

    電話で問合わせる

  • うなぎのファーストフード店
    G-FACTORY株式会社
    G-FACTORY株式会社
    参照元:宇名とと
    (http://www.unatoto.com/menu/)
    初期費用
    加盟金
                   
    100万円※
    保証金
    100万円※
    研修費
    0
                 

    ※公式HPに税表記はありませんでした

    ※実施中のキャンペーンはありません

               
    月額費用
    ロイヤリティ
    5万円
    システム使用料
    不明
    UberEats使用料
    35%

    ※2021年9月16日時点でUberEats使用料が公式HPで確認できませんでした

               

    公式HPで募集内容
    を詳しく見る

    電話で問合わせる

※キャンペーン情報は2021年9月29日時点のものです。費用およびキャンペーンの情報は各社公式サイトのものを参考しており、最新情報になるよう努めておりますが、現時点での各社の情報とは異なってる場合がございます。各社の詳細や費用に関する最新情報は、各社の公式サイトをご確認ください。