バーチャルレストラン 飲食店の新流儀 » バーチャルレストランとは » バーチャルレストランのメリット・デメリット

バーチャルレストランのメリット・デメリット

公開日: |最終更新日時:

バーチャルレストランを開業するにあたって、事前に知っておきたい情報としてメリットとデメリットをご紹介します。

バーチャルレストラン(ゴーストレストラン)のメリット

開業の初期コストを抑えられる

イメージ

バーチャルレストラン開業のメリットとして、まず挙げられるのが、開業する際の初期コストを抑えられる点です。

バーチャルレストランは一般の店舗と違い、客席を用意する必要がない分、初期投資が安く済みます。

また既存のキッチンを活用できることも、コストが抑えられるポイントです。

バーチャルレストランの
開業資金を見る

既存店の営業を行いながら開業できる

イメージ

既存店の営業を行いながら、バーチャルレストランを立ち上げることが可能なのも、大きなメリットです。

業態が異なるものを同時に行うことにはなりますが、バーチャルレストランの負担は調理のみなので大きな負担になりにくいと言えます。

また、店舗全体の売上を向上させていくためには、有利になっていくとされています。

パートナー募集中のおすすめ
バーチャルレストラン3選を見る

売上が天候に左右されにくい

イメージ

店舗でお客様を迎えて営業を行う場合、どうしても天候によって客足に影響が出てしまう場合があります。

その点デリバリー専門であるバーチャルレストランでは、そうした集客が天候に左右されることがまずありません。

かえって悪天候の方が、デリバリーを利用するお客様が増えて、売上が伸びる可能性があるかもしれません。

バーチャルレストランの
収益モデルを見る

バーチャルレストラン(ゴーストレストラン)のデメリット

店舗のプロモーションが難しい

イメージ

バーチャルレストランは、オンライン上でのみ存在する店舗のため、積極的なプロモーションをしないと、競合が多いネット上で利用者に選んでもらう機会を失う可能性があります。

また、デリバリーサービスのアプリなどを利用したことのない人が、顧客になりにくいのもデメリットであるといえるでしょう。

バーチャルレストランの
売れるメニューを見る

お客様との人間関係が作れない

イメージ

実店舗がなくお客様と直接触れ合うことができないのも、バーチャルレストランのデメリットとして挙げられています。

飲食店にとってお料理の味はもちろんですが、お客様とのつながりというのも大きな集客源となります。

コミュニケーションが直接取れないことは、顧客を増やしていく強みがひとつ減ってしまうとも言えるのです。

バーチャルレストランの
成功と失敗を見る

デリバリー形態特有の費用が発生する

イメージ

バーチャルレストランでは、開業時の初期コストが抑えられるメリットが挙げられますが、その反面でデリバリー専門事業であるがゆえの特有の費用も発生します。

登録するデリバリサービス事業者への手数料は毎月かかりますし、デリバリー用の包装容器などの費用や機器のレンタル代などの負担も、かかってくることが考えられます。

バーチャルレストランの
配送パートナーを見る

初期費用×月額費用が安い!
おすすめバーチャルレストラン2
PICKUP

バーチャルレストランのパートナー募集をしている企業19社のうち、公式サイトに初期費用と月額費用の記載がある2社をピックアップ。費用の安い順に紹介していきます。(2021年2月時点)

  • 流行りの唐揚げデリバリー
    株式会社Globrige
    株式会社Globrige
    参照元:からあげ専門店あげたて
    (https://www.globridge.co.jp/brand-list/東京からあげ専門店あげたて/)
    初期費用
    加盟金
                   
    5.5万円
    保証金
                   
    0
    研修費
    0

    ※実施中のキャンペーンはありません

    月額費用
    ロイヤリティ
                   
    0
    システム使用料
    20
    UberEats使用料
    35%

    公式HPで募集内容
    を詳しく見る

    電話で問合わせる

  • うなぎのファーストフード店
    G-FACTORY株式会社
    G-FACTORY株式会社
    参照元:宇名とと
    (http://www.unatoto.com/menu/)
    初期費用
    加盟金
                   
    100万円※
    保証金
    100万円※
    研修費
    0
                 

    ※公式HPに税表記はありませんでした

    ※実施中のキャンペーンはありません

               
    月額費用
    ロイヤリティ
    5万円
    システム使用料
    不明
    UberEats使用料
    35%

    ※2021年9月16日時点でUberEats使用料が公式HPで確認できませんでした

               

    公式HPで募集内容
    を詳しく見る

    電話で問合わせる

※キャンペーン情報は2021年9月29日時点のものです。費用およびキャンペーンの情報は各社公式サイトのものを参考しており、最新情報になるよう努めておりますが、現時点での各社の情報とは異なってる場合がございます。各社の詳細や費用に関する最新情報は、各社の公式サイトをご確認ください。